窮すれば通ず

行き詰まってどうにもならないところまで来てみると、ひょんな切っ掛けで、案外打開の道が見付かるものだ。

パチスロ借金地獄!ミリオンゴッドで返済生活のスロット体験談!

パチスロも借金もどちらも、私たちにとってはとても身近な存在です。
テレビをつければ消費者金融のCMが普通に放送され、新聞にはパチスロの新台入れ替えの広告チラシが普通に挟まっています。

私の場合借金をし始めたのも、パチスロのミリオンゴッドをし始めたのも、今からちょうど20年ほど前からでしたが、当時すでにそのような環境だったので、特に抵抗感なくこの2つの世界に足を踏み入れてしまったことで借金地獄になった体験があります。

パチスロでは1万円という大金が、ものの30分も経たないうちに無くなってしまうので、どうしても扱う金額が大きくなりがちです。
しかもミリオンゴッドで負けた金は、どうにかして取り返したくなってしまいます。

パチスロで負けるたびに熱くなり、あまり深く考えることなく、消費者金融から借金をしてまでミリオンゴッドにのめり込み、負けてはまたまた借金してミリオンゴッドにつぎ込みといった具合で、あっという間に借金地獄に突入しました。

途中から「これはヤバいんじゃないか…」とは、うすうすは感じていましたが、実際にパチスロで借金地獄に堕ちてしまうともう後の祭りで、月々の借金返済で首は回らなくなるは、せっかく入った給料も、借金の返済を目的にほとんどミリオンゴッドにつぎ込むはで、とうとう取り返しのつかない状態になりました。

いわゆる「パチスロで借金地獄」と呼ぶにふさわしい状況に追い込まれ、普段の生活レベルも精神的にも相当に荒れてしまいました。
その後心を入れ替え反省し、何とか立ち直りましたが、今でもあのパチスロで借金地獄の日々は、夢に出てくるほどのトラウマです。

参考:パチスロ借金地獄!ミリオンゴッド・ジャグラー・5号機スロット体験談

ミリオンゴッド攻略法で借金地獄の体験談

20代の頃、パチスロのミリオンゴッドにはまって借金地獄になった体験談です。
暇さえあればパチスロを打ちに行ってました。
しかし、中々勝てなくお金を減らす日々でした。

そこでたまたまインターネットでミリオンゴッド攻略打法というのを目にして、藁をすがる思いでその攻略打法を30万円出して買いました。

日々パチスロで負けていたこともあり、すぐに30万を支払うことができずに、今まで利用しなかった消費者金融会社のカードローンから30万円借りました。
そのミリオンゴッド攻略打法を実際にホールで試しました。

しかし、そのミリオンゴッド攻略打法は詐欺でした。
全く使えずにその時、世の中そんなに甘くない現実を突き付けられました。

それで消費者金融会社から借りた30万円というパチスロの借金だけが残りました。
当時働いていた会社も安月給で、毎月の返済が相当きつかったです。

賃貸アパートで一人暮らしをしていたので、かなり生活費を切り詰めるという借金地獄をみました。
飲み会に誘われても一切行きませんでした。

そして、大好きな外食も一切せず、借金地獄から抜け出すために頑張りました。

借金地獄ですから食費もかなりきりつめて1食抜くこともしばしばありました。
また、夕食はご飯と海苔だけという日々もありました。

パチスロ借金地獄で精神的にもかなり追い詰められました。
これがミリオンゴッド攻略打法でパチスロ借金地獄に陥った時の体験談です。

パチスロ借金地獄の末路で多重債務者

私は30代前半の時にパチスロにはまった事が原因で、借金地獄に陥った経験があります。
学生時代に初めて行ったパチンコ店で4万円勝ちをしてから、その時まで10年以上パチスロをやり続けた借金地獄生活でした。

当時のパチスロは、ある回転数に到達すると必ず大当たりする天井機能というものがありました。
しかも、大当たりを数回分ストックして一気に大量のメダルを放出する台が全盛期の時代です。

天井機能とストック機能が同時にあるため、『いつかは絶対に当たる』『当たるまで帰れない』という思いになり、当たるまで何時間も台から離れられなくなるのです。

パチスロをしている時代は、財布に入っている現金が底をつくと、パチンコ店の近くにある銀行やコンビニに走り、金を下ろしてはサンドに飲み込ませる日々を過す借金地獄生活。

勿論、借金地獄から抜け出すために何度も辞めようとしたことはあります。
財布を持ち歩かず使っても良い現金だけをポケットに入れるようにしたことがあります。

何度も辞めようと思いキャッシュカードを折り曲げて使えなくしたこともありました。
どのような対策を講じても、それらは一時の効果でしかなく、結局はパチスロを辞めることはできず、借金地獄から脱出できません。

借金地獄で給料を前借りしても足らず、友人や会社の同僚に金を借り、自宅にある売れるものは全て売ってパチンコ店に行き続けていました。
そして、何年後かには複数のの消費者金融会社の多重債務者になってしまったのです。

返す当てのない借金地獄生活、返済期限に間に合うわけもなく、携帯の着信のほとんどが消費者金融になりました。
結局、会社にも連絡が入ってしまい上司に指導をされたことが、きっかけで自暴自棄になり仕事を失うまでパチスロは辞められませんでした。

自己嫌悪で精神安定剤と睡眠薬を飲み始めたのもこの頃からです。
私はパチスロ借金地獄によって人生の大切な時期を無駄に過ごし、仕事を失い友人や知人の信頼を失いました。

Categories
マネー