マンション売却における一般媒介契約と専任媒介契約

マンション売却と媒介契約

マンション売却と媒介契約

マンションを手放す事になった場合、マンション売却をするのも一つの選択肢です。
その際にはできる限りの高値で売れて欲しいものですが、その為にも媒介をしてもらって売却すると良いでしょう。
媒介というのは不動産業者が間に入り、そして買い手を探す売却方法です。

マンション売却の際には不動産業者に買取をしてもらう方法もありますが、媒介の方が高く売れる事が殆どですので、高く売りたいのなら断然媒介と言えます。

ただ、媒介と言っても一般媒介契約ですと期待するような結果にならない事があります。
一般媒介は複数の業者に同時に媒介してもらう方法ですが、他の業者が存在する場合、あまり販売に力を入れてくれない事があるのです。

もっと力を入れて販売活動をしてもらいたい時には専任媒介契約が最適です。
専任媒介ですと一社に絞って依頼する事になりますので、集中的な販売活動を行ってもらう事ができます。

ただし、専任媒介契約をしてもらう際にはよく業者選びを行う事が大切です。
不動産業者の中には販売力の弱いところもありますし、販売力が弱くては期待するような売り方はできません。

満足度の高い売却にする為には売る力が重要ですので、過去の販売実績や知名度などをチェックし、よく比較をしてみる必要があります。

参考:マンション売却は専任・一般どっちの媒介契約がいい?

マンション売却契約の種類は一般、専任、専属専任

マンション売却契約の種類は一般、専任、専属専任

不動産業者に依頼してマンションを売却する場合は、一般媒介と呼ばれる契約で進められていくケースが多くなっています。
この方法だとなかなか売れない場合があるので、すぐにでも自宅を売りたい場合は、専任媒介や専属専任媒介の契約をして進めていくことをおすすめします。
仲介会社の担当者によっては、最初からこの方法を薦めてくる事もあります。

専任媒介や専属専任媒介というのは、これから売ろうと考えている自宅を、契約している不動産業者だけでしか販売しないという方法のことです。
一般媒介のように複数の業者と契約してマンションを売却することができないため、仲介会社側も力を入れて販売促進をしてくれるようになります。

ちなみに専任媒介と専属専任媒介の違いに関しては、専任媒介による場合は、他の不動産業者と契約を交わすことはできません。
自分で買い手を探してマンション売却をすることはできる一方で、専属専任媒介になると自分で買い手を探すことも禁止になっています。
よくあるパターンとして、隣近所の人に声を掛けて買って貰うことが多いのですが、これも不可です。

それだけ力を入れて買手を探してくれるということですが、自分でも買い手を探したいという場合は専任媒介で様子を見ましょう。
それでも買い手が見つからない場合は専属専任媒介でマンションを売却すると言ったように、段階的に進めていくようにしましょう。

一般媒介契約でマンション売却

一般媒介契約でマンション売却

主人の転勤がキッカケで、マンションを手放す事にしました。
不動産の売却は人生で初めてのことで、どうしていいのか全く分かりませんでした。
とにかく不動産屋さんに行って色々聞いみるしか思いつかず、近所の不動産屋さんへ赴きました。

駅に隣接している物件で、すぐ隣に大型のスーパーがあり小学校・中学校も近いという物件でしたので、不動産屋さんによるとマンション売却までにそんなに時間もかからないだろうと言う事でした。

マンションを売却する為には、媒介契約を結ぶ必要があるのですがいくつか種類があるようです。
一般媒介、専任媒介、専属専任媒介と3種類あるそうです。

一般媒介は複数の不動産屋さんに同時に売却の依頼ができて、自分でも買主を探して売ることができる方法。
専任媒介は一つの不動産屋さんとだけ契約ができ、自分でも買主を見つけることができる方法。
専属専任媒介は自分で見つけた買主であっても売る事はできず、一社のみの不動産屋さんとだけ契約ができる方法です。

転勤に伴う引越しが差し迫っていて、自分で探す事はないと思いましたが、親戚や両親の知り合いに購入を希望する方がいるかも知れまいと思い、一般媒介を選択しました。

どの不動産屋さんにするかは、あまり時間が取れなかったのですが、いくつかの不動産屋さんにネットで査定を依頼し一番価格が高かったところにマンション売却をお願いしました。
場所も良かったおかげで比較的すぐに購入者が現れ、転勤もスムーズに進んで良かったと思っています。

専任媒介契約でマンション売却

専任媒介契約でマンション売却

築10年、駅歩10分の3LDK、70平米の自宅マンションを売却に成功しました。
良かったら参考にしてください。

物件を売るうえでは、インターネットのマンション売却一括査定サイトで、複数の不動産会社に見積もりを依頼しました。
何を売るにしても、買うにしても、大切なのは相見積もりだと思っています。

業者どうし、あるいはお客さんどうしを競わせて、より有利な取引に持っていくのが常道だということを、仕事を通じて学んでいました。

それでインターネットのマンション売却一括査定サイトを利用したわけです。
そこから今度は、実地に訪問してもらっての査定の後、媒介契約の種類の話になります。

その際、どの不動産会社も専属専任媒介を結びたがります。
これは、自社1社とだけ契約を結んで、そこにマンション売却のすべてを任せるということです。

必ずその会社に手数料が入るわけですから、どの会社もそれを望み、それに誘導しようとします。
しかし、私はそれをせずに、複数の会社と契約する専任媒介を結びました。

これをすることで、各社が自社で販売して手数料をとりたいがために、非常には倍促進に力を入れることが期待できます。
なので、このような各社の競争をあおって、売却を急がせる、高い金額で売らせる、ということを狙ったわけです。

結果として、4500万円で購入した物件は3000万円で、3か月で売れました。
思いのほか短い時間で、かつ当初の予想よりも200万円以上高く売れました。
これもマンション売却にあたって、専任媒介を結んで、各社を競争させたからだと思います。