世田谷区尾山台を代表するスイーツ店、「オー・ボン・ヴュー・タン」

よく街中のケーキやスイーツなどの人気店などは「甘さを程良く抑た…」といった文言を目にしたりします。
確かに我々日本人は基本的には、やや薄味が好まれる傾向が「その道の通」といった風に思われがちです。

もちろん、あながちそれも間違っていないとは思います。
しかし、この店の出すスイーツは直球です。

しかも剛速球にして繊細で、なおかつ重くずっしりとしているのが、「オー・ボン・ヴュー・タン」です。

オー・ボン・ヴュー・タンのスイーツはいわゆる「プロ仕様」だと思います。
色んな店を経験した果てにたどり着く所だろ思います。
なので子ども向けではないような気がします。

クッキーのような焼き菓子もかなりオススメなのですが、個人的にオー・ボン・ヴュー・タンで一番好きなのがシュークリームです。
これほどまでに濃厚なシュークリームをかつて出会った事はありません。

近年では「…あぁ、『オー・ボン・ヴュー・タン』のマネっぽいな…」というのも出くわしたりもします。
しかし、オリジナルの濃厚さ、もはや「妖艶さ」と言っても過言ではないクオリティには、程遠いです。

是非、じっくり味わって楽しんでもらいたい逸品です。

店名:Au Bon Vieux Temps(オー・ボン・ヴュー・タン)
住所:東京都世田谷区等々力2-1-3
電話:03-3703-8428

森のカフェ、甲賀市信楽町の森の中の木と自然に囲まれたカフェ

店名:森のカフェ
住所:〒529-1812 滋賀県甲賀市信楽町神山19-1
電話:0748-82-0231

森の中の木と自然に囲まれたカフェ。
森のカフェ店内も広くなく落ち着いたゆっくりとした時間を過ごせる場所です。
店内でも屋外でも食事するスペースがあり、屋外では自然の中でピクニックしてるようなキャンプしてるような気分の中食事ができます。

森のカフェは料理も美味しく肉系と野菜系が選べます。
どちらもかなりのボリュームがあります。

肉系は男性やガッツリ食べたい時におすすめです。
野菜系もかなりのボリュームがありますが女性の方や胃もたれが気になる方、年配の方におすすめだと思いました。

私も家族と森のカフェに何回か行きましたが、父は肉系の料理を食べお腹いっぱいに。
私は母と野菜系を半分ずつ食べましたが私も母もお腹いっぱいに食べることができました。
ボリュームがありながらも見た目はおしゃれで美味しくなんどもリピートしたくなるお店です。

食後のデザートにケーキと紅茶もありタルトケーキが私は好きでした。
値段もお手頃で美味しく大好きでした。

森のカフェは家族だけで経営されていますので、日中はお客さんが多く待ち時間が長くなる時もあるのが難点ですが、待ってでも食べたいお店です。
客層は女性が多くママ友などが多かったような気がします。

アットホームで自然に囲まれておしゃれでお腹も満たしてくれるカフェ。
森のカフェは自分へのちょっとしたご褒美に、息抜きにおすすめのお店です。

リゴレット、吉祥寺のお洒落なイタリアン&スパニッシュ カフェ

私が普段から通う一押しの飲食店の一つが、吉祥寺にあるリゴレットです。

店名:Cafe RIGOLETTO リゴレット
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目14−25 1・2F 吉祥寺第2マーブルビル
電話:0422-28-7676

2階建の広々とした店内で、本格スパニッシュ、イタリアンが堪能できます。

リゴレットの特徴として、オーナーを始めスタッフの方々がワインに詳しく、行く日によって仕入れたおすすめのワインを出してくれます。
ワイン素人だった私が、いつの間にかそこそこうんちくを語れるようにまでなるくらいのプロフェッショナルです。

また、リゴレットのために作られたお酒が卸される事もあります。
まれにワインの飲み比べのイベントをしていて、ワインに詳しい方から初心者まで楽しめるようになっています。

ディナーで行くと大体3〜4000円位で楽しむことができます。
個人的なリゴレットおすすめは種類に富んだピザで、本格派のマルゲリータが病みつきになります。

テイクアウトも対応しており、上に挙げたピザやパスタなど本格イタリアンを自宅で味わう事も可能です。
メインストリートからは少し外れた場所にあり、ちょっとした隠れ家的なお店として楽しんでいます。

博多もつ鍋専門 個室居酒屋 えびす丸 恵比寿駅前店は美味しいもつ鍋の料理がオススメ

恵比寿にある博多もつ鍋専門 個室居酒屋 えびす丸 恵比寿駅前店は美味しいもつ鍋料理が食べられるのでオススメです。

店名:博多もつ鍋専門 個室居酒屋 えびす丸 恵比寿駅前店
住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-13-3 ROOB6ビル2F
電話:050-5484-2632

恵比寿にある博多もつ鍋専門 個室居酒屋 えびす丸 恵比寿駅前店は熱々の美味しいもつ鍋料理が食べられるので、寒い時は足を運んでしまう様なお店です。

えびす丸でよく注文するメニューは、名物!博多明太子が決め手の白天神もつ鍋です。
価格は980です。

具材は、もつ、明太子、ニラ、ニンニク、豆腐、カリフラワー、白菜、ごはんか入った鍋です。
もつは、柔らかくて、プルプルとした食感があり、量もたくさん入っているので食べ応えがたり、美味しかったです。

明太子は博多の明太子で大きなサイズでプチプチとした食感が堪りません。
明太子とスープとの相性も抜群で、黙々と食べ進めてしまいます。

また、えびす丸で他にもよく注文するメニューは、名物!焦がしにんにくと豚骨醤油の黒天神もつ鍋です。
価格は980円です。

具材は、もつ、ニラ、ニンニク、もやし、白菜です。
もつも野菜も熱々で美味しくて、スープとの相性が抜群で大満足できる一品です。

他にもまだまだ色んなもつ鍋の料理かあります。
そんな、美味しいもつ鍋の料理が食べられる博多もつ鍋専門 個室居酒屋 えびす丸 恵比寿駅前店はオススメできる飲食店です。

ルパン、瀬戸市にある小さな子ども連れでもゆっくり食事を楽しめるカフェ

店名:Cafe Brasserie Lepan ルパン
住所:愛知県瀬戸市高根町2-69
電話:0561-85-8537

瀬戸市にある、ルパンでは、おいしいカフェごはんとお酒が楽しめます。
ルパンのお店はログハウス風のあたたかみのある作りで駐車場も広く、テラス席も楽しめます。

ランチは、数種類のスープから好きなスープを選んで、パンやデリと一緒にいただくスープランチやパスタランチ、がっつり食べたい方にはハンバーグやどんぶりものなど、バラエティに富んだカフェごはんがそろっています。

また、ランチタイムには焼きたてのミニクロワッサンが食べ放題です。
甘めのサクサクした食感で、食後のドリンクと一緒にも楽しめます。

二階建てのルパン店内は、一階はゆったりと座れるソファ席、二階は大人数でも可能な座卓席になっています。
ルパンは、小さな子供づれの家族にとっても嬉しいお店です。
二階の一角はキッズスペースになっていて、子供を遊ばせながらゆっくりと食事を楽しめます。

また、お子様メニューも充実していて、ポテトやオニギリなどの軽食からカレーまで、お子様の食べる量に応じて色々選ぶことができます。
お子様の食器セットやエプロン、お手拭きなどを揃えてくれるのも嬉しいポイントです。

名古屋市北区のカフェ「藍風珈琲店」でうちなー気分満喫ランチ

名古屋市北区、地下鉄志賀本通駅から徒歩10分ほどのところにある、カフェ「藍風珈琲店」。
コーヒーもさることながら、沖縄ぜんざいや紅芋のデザートなど沖縄風のメニューも揃うお店です。

藍風珈琲店のおすすめは、特製ランチ。
メインのお料理は曜日によって日替わりで、お馴染みのゴーヤーチャンプルーの他、にんじんしりしりや特製天ぷら、紅芋コロッケなどがあります。

にんじんしりしりは沖縄ではかなり有名な、細切りのにんじんを炒めたメニュー。油とよくあっておすすめです。
ゴーヤーチャンプルーもゴーヤーたっぷりで大満足です。
藍風珈琲店のゴーヤーチャンプルーは希望すれば曜日に関係なく日替わりメニューから変更可能です。

メインの他にも数々の小鉢が並びます。
ピーナッツで作られた、ぷるぷるの「ジーマミ豆腐」、沖縄のもずく、アーサ(アオサ)のおつゆなど、沖縄気分が楽しめます。

そのほか、季節のサラダや日替わりのおかずも出され、ボリュームたっぷりです。
また、一緒に提供されるのはもちろん沖縄ではお馴染みの、さんぴん茶。口がさっぱりします。

さらに、ご飯は赤まんまという、古代米の入った赤いご飯なのですが、月に何日かかわりご飯の日があります。
毎月14日は、沖縄の炊き込みご飯、「じゅーしー」の日。こちらもおすすめです。

そして、デザートにはアイスクリームもついてきます。
お野菜たっぷり大満足にもかかわらず、お値段は1,200円とお値打ちです。

穏やかな人柄のマスター、奥様がお二人で切り盛りされているお店で、常連のお客さんもたくさんですが、ガヤガヤ感はなく、落ち着いたお店です。
藍風珈琲店の店内には沖縄にまつわる本が並び、ゆったりとした雰囲気を楽しめる素敵なお店です。

名古屋にいながら、うちなー気分を楽しみたくなったらぜひ足を運んでみてくださいね。

店名:藍風珈琲店
住所:愛知県名古屋市北区杉村1-17-10
電話:052-913-7741

エイトフラッグ、長崎市大浦町にあるほっとひと息つける紅茶専門店

幕末から明治期にかけてあったグラバー商会の土地の一角に建つのが、アンティーク家具や英国チックなティーカップを揃える紅茶の専門店となるエイトフラッグです。

エイトフラッグ店内に入ると、マスターも挨拶してくれる接客の良さも評価されていますが、本格的な英国式紅茶の豊かな香りが迎えてくれます。
異国情緒あふれる長崎のエリアならでは、そうした空間が広がっているので、若い方から年配の方々までが憩いの時間を過ごしています。

紅茶専門店ならでは、エイトフラッグのドリンクメニューは紅茶のみというこだわりがあります。
産地直輸入となる紅茶は500円ほどからいただくことができます。

また、専門店ならではの提供の仕方として、保温効果を高めるティーコージーや茶葉の蒸しあがる時間をはかることのできる砂時計、さらに濾過してくれるストレーナーまで一式でテーブルに出てきます。
もちろん、それぞれの茶葉によって飲み頃があるようで、丁寧にエイトフラッグのスタッフが教えてくれます。

また、一緒にオーダーする率が高いのが、ワッフルです。
オレンジやバナナなど、フルーツやアイスクリームがのった各種ワッフルは550円ほどから提供されています。

店名:エイトフラッグ
住所:長崎県長崎市大浦町5-45
電話:095-827-8222